月曜日が雪の予報で、みなさん慌てて雪囲いやらタイヤの交換やらしているんですが・・・
どろなわってこう言う事をさすんだろうな( ´o`)=з

さておき、昨夜の話

CAMERA:Canon IXY 32S

高崎へ出た訳ですが、予定は未定であり決定ではないんですが・・・未定のはずが、
何故か確定に変わると言うお話(笑

慈孝通りを歩きながら、先週ふられたしんたろうへ電話したんですが、満席(爆
とことん、縁がないなぁ~
ではと、裏路地へ抜けてを覗いたんですが、カウンターにお子様連れの家族が
いらして・・・止めとこう( ´o`)=з

で、まぁ、ここまで歩いているからと連雀の、bistro A table

180121_01

先客がお一人で、静か~でした(笑

店員「そう言えば、暮れは間に合ったんですか?」
私 「小走りで行って、2分前に着きました」
店員「おぉ~」
私 「でも、電車が14分遅れだったんですよ」
店員「あぁ~ゆっくりでも良かったんですね」

いや、そう言う訳にはいかないんですけどね(笑
(このネタは後でもでます)

ともあれ、メニュー
180121_02

180121_03

おっ、気になる物はあるな・・・

まずは、バドワイザー生
180121_04

お通し
180121_05

頼んだのは・・・


ジャガイモのアンチョビ炒め
180121_06

結構、量が多いのね(汗

飲み物をワインに変えて、白:スパイ バレー(ニュージーランド)
180121_07

軽めの白で、飲みやすいですね

で、気になる肉料理を頼もうかと・・・

私 「時間かかります」
女性「そうですね~それなりに」
私 「あぁ~終電に間に合わないかなぁ~」
女性「そのネタ、ずっと言われそうなんですが」

いや~その内、電車の時間が関係なくなりますけどね(笑

では待つ間にと、

オムレツおまかせソース
180121_08

生クリームのフォンドヴォーソースだそうです
クリーミーで美味しかった♪

そして、肉料理

熊肉の赤ワイン煮
180121_09

もう、熊だなって感じの香りでした

店員「大丈夫なんですね?」
私 「こう言うの大好きなんですよ」
店員「この前、頼まれた方は、香りをかいで駄目だって、丸ごと残されました」
私 「えぇ~もったいない」

まぁ、万人向けじゃないです、珍しいからって気軽に頼める味ではないですね

そして、これは赤だなって事で

180121_10

ボルドーだそうで、結構、重めなんですが、熊肉の方が重くて、普通~に感じました(汗

会計は、6210円でした

いや~熊肉はお腹に貯まるわ(汗
で、この後は・・・

○bistro A Table
住所:群馬県高崎市連雀町137
電話:027-321-3399
時間:17時~翌2時
休日:月曜、第一日月連休