旅人の惑星

日々の記録や旅行した時の話、出張で行く海外(主にアジア)で見た物・聞いた事・感じた事等を気楽に書いています。趣味のカメラを持ってちょっと出かけて、見たまま、感じたままに撮った写真も紹介しています。 お気軽にコメント下さい。 ~ Since 2009/11/30(2004/11/28~2009/11/29 ドリコム) ~

独り言・・・

寒い時期ですから

青空が広がっています(@_@)
明日は、何とか曇りので、一安心(笑

で、今日は、明日に備えて、きっちりと休養日ですが、ちょっと遠出をするので、
朝の内に繋ぎのネタをアップしておきます(笑

ネットで、気になる記事を見かけたんですが、熱燗の話し
寒くなってきましたからね~まぁ、私はそんなに燗を好まないんですが( ̄▽ ̄O)

~元ネタ(こちら)より~

3000円で時間無制限飲み放題の「KURAND SAKE MARKET」商品開発部の方に、
熱燗にオススメの銘柄を聞いたぞ。忘年会シーズンの参考にして欲しい

酒のスペシャリスト

今回お酒を紹介してくれた青砥秀樹さんは、島根県の酒蔵「青砥酒造」で6年間酒造りに従事
利き酒師の資格を持つ、日本酒のスペシャリストである
彼が選ぶ熱燗にオススメの銘柄は以下の通りだ。


1.松緑 六根 琥珀

琥珀色をしたまろやかな熟成タイプのお酒です。
こちらはぬる燗にすると、まったりとした甘みが心地よく広がります。

2.山廃本醸熟成古酒「琥珀」

深いコクのある味わい。これもぬる燗がオススメです。
チョコレートとのマリア―ジュも楽しんで頂きたいです。

3.竹葉 能登上撰

広い温度帯で楽しめるお酒。お燗の入門酒としてピッタリですね。鍋料理と ◎ です。

4.富久錦 純米 芳醇

2年間蔵の中で熟成された味わいはまさに “芳醇” の一言に尽きます。
これもぬる燗でよりまったりと楽しみたいところです。

5.群馬泉 山廃本醸造

しっかりとした味わい。燗をすると優しい甘みが加わります。
チーズ料理にも合うので、試してみて欲しいです。

6.浜娘 純米酒

燗にすると優しい香りとふくらみのある甘み、さらにキレが楽しめます。
色々な料理に合わせやすい味わいですね。

7.深山菊秘蔵 特別純米酒

燗にしてうまい純米酒です。やっぱりこれもぬる燗で。
日本酒本来の魅力を楽しんで欲しいですね。

8.勲碧 純米吟醸原酒 氷温熟成酒

このお酒はぬる燗がオススメ(ほとんどぬる燗ですみません……)。
酒のフローラルな香りと、芳醇な味わいを楽しんで頂きいです。

9.譽國光 特別純米酒

燗にすると、穏やかな香りが広がります。
上品な脂分や上品な旨味と好相性、少し脂の乗ったマグロの赤身なんか良いですね。

10.火入れ純米無濾過原酒 玉旭DESPERADO

個性的な味わいは燗でさらに魅力的になります。
スモークした料理との相性が良いですね。


~原文ここまで~

ここから、私の感想ですが、2,8,10以外は飲んだ事がありますね(燗では無いですが・・・)
私の好みで言えば、松録か竹葉ですかね~しっかりとした味わいを楽しめます

まぁ、見ただけで分かる方以外は、読んでいないと思いますが、都道府県を( )で追記

1.松緑 六根 琥珀(青森)
2.山廃本醸熟成古酒「琥珀」(青森)
3.竹葉 能登上撰(石川)
4.富久錦 純米 芳醇(兵庫)
5.群馬泉 山廃本醸造(群馬)
6.浜娘 純米酒(岩手)
7.深山菊秘蔵 特別純米酒(岐阜)
8.勲碧 純米吟醸原酒 氷温熟成酒(愛知)
9.譽國光 特別純米酒(群馬)
10.火入れ純米無濾過原酒 玉旭DESPERADO(富山)


基本、東日本の酒が多いですけど、驚きは、群馬の酒が2つも入っていますね

群馬泉 山廃本醸造(群馬県太田市)
151212_2

譽國光 特別純米酒(群馬県利根郡川場村)
151212_1

写真、説明は各蔵元HPより引用

群馬泉は、蔵元が燗で飲む事を進めていますし、確かに燗の方が味わいが深まるかな~
譽国光は、常温の方が、良い様な気はします

飲んだ事の無い、銘柄は気になりますが・・・まるなら、そのうち、見かけるかなぁ~
あっ、天流水舎もあるかも( ̄▽ ̄O)

さて、出かけてきます

繋ぎの記事

今日は休日出勤なので、朝の内にアップσ(・・。)
で、ちょっと繋ぎのネタと言うか、この間、鼻高で撮った中から、コスモス以外の写真を載せます

CAMERA:Canon EOS 60D
LENS:SIGMA 18-125mm F3.5-6.3 DC OS HSM


151024_1

151024_2

151024_3

151024_4

あっ、最後はコスモスだった(笑
今年の鼻高は、これで最後かな~ラフィンカが営業している間に、もう一回くらいは
行きたい気はしていますが

さて、今夜は北高リベンジ・・・よりも、克が気になるな( ̄~ ̄
まぁ、仕事の上がり次第ですけどね

幻の・・・

何事でもそうですが、重なる時って、色々な事が同じ時期に重なるんですよね~
一つの仕事の納期が遅くなって、もう一つの仕事の納期と重なって・・・
さらに、降って湧いた様に新規の(納期が短い)仕事が舞い込む( ´o`)=з
もっとまんべんなく振り分けてくれないものだろうか(汗

さておき、ちょっと、繋ぎのネタ

ネットでニュース記事を見ていたら、面白いコラムを見つけたので、載せてみます
(元はこちら → 今はなき「カッコイイ県名」

今は無くなった県名と言う記事なんですが、へぇ~そんな名前があったんだ!
と、いや、こっちの方が、かっこよくて良いかななんて、思いました(笑

1位:斗南県(現在の青森県の一部)
明治4年7月に、廃藩置県により斗南県となったが、同年9月に周辺地域の
合併により青森県に吸収


2位:秋月県(現在の福岡県の一部)
黒田長政の三男である長興が興した秋月藩に由来


3位:金沢県(現在の石川県の一部)
話題の観光地、石川県金沢市は、かつて金沢県として存在、加賀藩がルーツ


斗南(となん)は、確かに残っていたら、良いなぁ~と思えますね
金沢はべた過ぎですけどね(笑

4位以降は、こちら

4位:柳生県(現在の奈良県の一部)


5位:忍県(現在の埼玉県の一部)


6位:舞鶴県(現在の京都府の一部)


7位:三日月県(現在の兵庫県の一部)


8位:龍崎県(現在の茨城県の一部)


8位:名古屋県(現在の愛知県の一部)


10位:神戸県(現在の兵庫県の一部)


個人的には、5位の忍県と、8位の龍崎県が惹かれるなぁ~
ランキングを見た印象では当たり前と言えば当たり前ですが、廃藩前の名前が
そのまま残ってた物が多いですかね
後は、市の名称として残っている名称も多いかな( ̄~ ̄

まぁ、そんなネタでした

中間報告

午後になって、雨は上がりましたが・・・雲行きは怪しいままだなぁ~
高崎に居る間だけでも、降らないで欲しいや(笑

さておき、ちょっと連続アップです

以前の記事で、ASLIのマスターから薫製醤油を頂いたと書きましたが、幾つか試してみたので
中間報告がてら、まとめてみました

◆刺身系◆

3月に実家へ帰省した際、幾つか試してみました

150411_b

ふくらぎ(ブリの幼魚) → 合いますが、ブリの方が良いかな
ホタテ → 悪くは無いですが、何となく味がぼやけた感じになりました(水分が多いせいか・・・)
カツオ → 合います(後述の方がさらに合います)

150411_c

カワハギ → 肝は良いんですが、身はイマイチ
タコ → イマイチ、ホタテと同じで、水分が少なければ、合うかもしれない
白魚 → 軽く付けて食べると、なかなか良かった

◆焼き物系◆
写真は無いです

鯛のかぶと焼き → 薫製醤油で食べる意味が無い
サバの塩焼き → 合いますが、塩が強いと塩分の取りすぎですね
サヨリの塩焼き → 意外と、良い感じでした

魚は、青身や赤身には合うと感じました
白身の魚は、クセがある物なら、愛想です
と言うか、食べていて気が付いたのは、開きや乾物にする魚には合う感じです
そう言う意味では、ホタテは書いた通り、水分が少ないと、良いのかも知れません

◆揚げ物系◆
コロッケ → 悪くは無いんですが、ジャガイモが甘いと、ちょっとくどく感じる
トンカツ → 以外でしたが、良かったです
鳥唐揚げ → これは、完璧に合います

◆たまご系◆
写真は無いです

だし巻き玉子 → イマイチ、出汁の風味が強いと、駄目ですし甘いとなんか、気持ち悪い感じ
ゆで卵 → これは、良かった
温泉玉子 → 黄身は良いんですが、白身が生すぎると、ちょっと違和感があります
目玉焼き → 黄身が半熟、白身がきっちり固まっていると、ばっちりです

◆その他◆

カレーライス → 悪くは無いですが、入れすぎるとカレーの風味が損なわれるので、少量でOK
ドライカレー → 合うと思いますが、入れすぎに注意なのは、普通のカレーライスと同様

おまけに近いのですが、実家へ帰った際に、アスパラの豚バラ巻があったので、試してみましたが
イマイチだったので、以前、居酒屋で教わった、マヨネーズと醤油を混ぜた物を作ってみました

150411_d

で、これがバッチリ合います!
と言うか、この時、カツオを試したら、ぴったりでした( ̄▽ ̄O)

そして、なすびで追試

150411_e

マグロに合わせてみましたが、まぁ、悪くは無いです
どちらかと言うと、薫製醤油だけの方が、良かったかな~赤身で、香りの強い物なら、こちらが良いかも・・・

と、まぁ、とりあえず中間報告ですが、今夜も高崎へ出るので、ちょっと試してきます
と言うか、本命の玉子掛けご飯に使います( ̄▽ ̄O)

とりあえず

実家へ帰省中ですが、明日は上里で大会なので今日、群馬へ戻りますσ(・・。)
帰省時の話、のちのち載せますが、ちょっと寄り道をする事になったので、前置きを朝の内にアップします

前回(2月)の帰省時に、横川SAでお土産を買おうとしたら、閉店時間に間に合わず、買えなかった
商品を、今回は買えたので紹介しておきます

150328_22

まずは、こだわり卵プリン
150328_20

いきなり黄金伝説で紹介されたプリンです
高崎市下里見の三善鶏園の直売所、卵太郎(らんたろう)で売っているプリンですが、
横川SAでも買える様になっていたんですね~
話には聞いていましたが、実際に食べてみると、確かに濃厚で美味しかったです♪

ちなみに、右端に写っているプリンも同じ所の商品ですが、違いを聞いたら・・・
「卵のランクが違います」
と言う、至極、もっともな回答でした(笑


そして、もう一品(と言うか二品ですが)
こんにゃく入り和風スイートポテト、スイートコッペ
150328_21

スイートポテトの餡に群馬名産のこんにゃくが入っています
「当エリアのダントツ1位」との覚書があるんですけど・・・
当エリアって、横川の事なのかな~それとも高崎?群馬??
とちょっと、気になったんですが、聞いてません(汗

で、こちらは、オリジナル(左)と桑の葉抹茶(右)の両方を買いました
私は、桑の葉の方を食べたんですが、確かに桑の香りがしましたね
味は・・・まぁ、スイートポテトですね( ̄▽ ̄O)
真ん中にコンニャク玉が入っていたのには、驚きましたが(爆

では、群馬へ戻ります

~追記~

・・・

続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ